宮下坊

参拝の疲れを優しく癒す宿

 宮下坊 玄関
暖かい陽光が木々のすきまからこぼれる春。
行の山清めの山の奥宮詣での夏。
神秘なまでの紅葉に彩られる秋。
雪化粧をほどこした老杉の参道が心導く冬。
四季折々の顔を見せてくれる出羽の山々。


自前の菜園で収穫された新鮮な野菜をふんだんに使った伝統の精進料理、三山の大盃で飲む東北の銘酒、そして家族的な心温まるおもてなしでお待ち致しております。
 
本海に面する山形県の庄内地方、羽黒派古修験道の聖地でもある出羽三山の里の羽黒町手向(とうげ)にある宿坊です。
 
 出羽三山に参拝される講中のお客さまは勿論のことですが、一般のお客さまにも広くご利用戴いております。また、近年は出羽三山の主峰である月山へ登拝
(月山登山)されるお客さまにも大変なご好評を戴いており、当方でも充分な体制を整えております。

 雄大な景色や色とりどりの高山植物を眺め、かつては奥の細道で芭蕉と曽良が辿った足跡を感じながら月山へと登り、そして湯殿山へと続く道を詣でられてみては如何でしょうか。きっと皆様の心に残る旅になることでしょう。
 

 ご覧のように好天の時などには「羽田空港⇔庄内空港」の機窓からは仙台市街、仙台湾、松島湾などを望むことが出来ます。さて、長らく庄内空港はANAの独占状態でしたが、先頃、JAL傘下のLCCである「ジェットスター」が「成田空港⇔庄内空港」の空路への就航を検討中との発表を行い、現在、当地では一日も早い就航が望まれております。これが実現されれば、成田空港を通じての海外需要よりも国内の拠点空港(新千歳、関西、福岡、那覇)との往来に於ける利点が大きいものと思われます。

 さて、当地と首都圏とを結ぶべく上越線経由の特急列車が世に登場したのは今から半世紀以上も前のことであり、当時、東北地方には高速道路がありませんでした。その後、東北地方に於いても着々と高速道路網が整備され、同時に「東北新幹線(東京⇔仙台)」と「高速バス(仙台⇔鶴岡・酒田)」を経由するルートが台頭してきました。又、「仙台空港」にピーチ航空やスカイマークなどのLCCが就航されて「仙台空港」を経由するルートも確立され、山形県にとって中継地としての仙台の役割は年毎に大きくなってきております。

 このように首都圏と当地は「ANAの空路(羽田⇔庄内・4往復/日)」や「東北新幹線(東京⇔仙台)」と「高速バス(仙台⇔鶴岡・酒田)」のルートが確立しているにも関わらず、時折に「新潟DC」の絡みで「一部の観光客」や「情報弱者」の方々が旧態依然として「上越新幹線(東京⇔新潟)」と「羽越線(新潟⇔鶴岡・酒田)」を利用されてしまう現状も垣間見えます。尚、「羽越線(新潟⇔鶴岡・酒田)」は車窓に日本海が眺められるのがセールスポイントですが、実際、この区間の乗車時間である2~2.5時間に於いて、それは10~20分程度です。

    《平成31年月山&湯殿山ツアー催行予定スケジュール》

第1回:7/14()、第2回:7/27()、第3回:7/29()、第4回:8/ 4()、第5回:
8/18()、第6回:8/25()、第7回:9/ 1()、第8回:9/ 8()、第9回:9/15()、第10回:9/22()、第11回:10/6()、第12回:10/13()
【主催 山形県知事登録 旅行業第2の108号 宗教法人 出羽三山教(宮下坊)】

  宮下坊の公式ホームページから「ご宿泊」、「月山&湯殿山ツアー」、「山伏修行・秋の峰の前後泊プラン」にお申し込みをされたお客様で現金決済をされた方のみに「草介(そうすけ)」での板蕎麦を無料サービスすることと相成りました!。「草介」は「山形県鶴岡市藤島」に在る日本蕎麦の名店です。但し、公共の交通機関では辿り着くことが不可能な場所に在りますので、必然、自家用車、レンタカー、或いはタクシーでお出でになる方のみの限定となりますので、その旨、お含み置き下さい(※公式サイトはこちら)。
     

宮下坊 入り口

山伏をクリック!
「宮下坊のホームページ」
へとお入り下さい…。


Please click this photograph and enter this homepage ! .

カウンター
 Since 2002 June