宮下坊

参拝の疲れを優しく癒す宿

 宮下坊 玄関
暖かい陽光が木々のすきまからこぼれる春。
行の山清めの山の奥宮詣での夏。
神秘なまでの紅葉に彩られる秋。
雪化粧をほどこした老杉の参道が心導く冬。
四季折々の顔を見せてくれる出羽の山々。


自前の菜園で収穫された新鮮な野菜をふんだんに使った伝統の精進料理、三山の大盃で飲む東北の銘酒、そして家族的な心温まるおもてなしでお待ち致しております。
 
日本海に面する山形県の庄内地方、羽黒派古修験道の聖地でもある出羽三山の里の羽黒町手向
(とうげ)にある宿坊です。
 
 出羽三山に参拝される講中のお客さまは勿論のことですが、一般のお客さまにも広くご利用戴いております。また、近年は出羽三山の主峰である月山へ登拝
(月山登山)されるお客さまにも大変なご好評を戴いており、当方でも充分な体制を整えております。

 雄大な景色や色とりどりの高山植物を眺め、かつては奥の細道で芭蕉と曽良が辿った足跡を感じながら月山へと登り、そして湯殿山へと続く道を詣でられてみては如何でしょうか。きっと皆様の心に残る旅になることでしょう。
 

 

 5月某日に「国道112号線(※月山新道)」の路肩から撮影を行った「月山」の写真、この日は前日からの季節外れの寒波の襲来で頂上付近に積もった新雪が視認出来ました。「月山」は山形県の「庄内地方」に鎮座する名山であり、古来より信仰の対象としての霊山でもあることから現代に於いても正式な参拝順序を踏まえることが肝要とされておりますが、この道路は当地である「庄内地方」と県都である山形市や仙台市を結ぶ重要な道路です。

 さて、首都圏から当地へはANAの「羽田⇔庄内便」が最適ですが、陸路(鉄路)に於いては「上越新幹線」を経由するルートが広く知られております。ところが、これに接続する羽越線の特急列車(「新潟⇔鶴岡・酒田」)は7往復しか運行されておりません。一方、「東北新幹線」に接続する「仙台⇔鶴岡・酒田」の高速バスは1時間に1往復の運行頻度で13往復も運行されておりますので大変に便利です。又、LCCが「仙台⇔新千歳」「仙台⇔関空」「仙台⇔神戸」に就航しており、それらの地域からお出でになる方々にも「仙台⇔鶴岡・酒田」の高速バスは便利です。

 これからの季節は新緑が眩しく映える季節です、この風光明媚な道路を「仙台⇔鶴岡・酒田」の高速バスは走行します。又、この路線には地元の庄内交通に加えて山形交通、宮城交通、羽後交通も乗り入れており、この高速バスを利用することは東日本大震災からの東北の復興の一助にも為ります。尚、帰路に仙台に延泊を行えば「仙台市街」「青葉城址」「瑞宝殿」、更に「日本三景の松島」をも巡ることが出来ます。


【To foreign tourists!】

Mt.Gassan is one of the famous Mountain in Japan. Let's climb Mt.Gassan in this summer. We will guide you at 20,000 yen per person. The tour will be held on the 28th, 30th Jul.,the 5th Aug., and the 2nd Sep.Please remember we don't have private room but dormitory separated by male and female. And we request you have a physical strength that you can run 5 kilometers in 30 to 40 minutes.


Please e-mail(info@syukubou.jp) us questions. We can not speak English fluently with verbal.


「第1回(※7/28に実施)」
   と「第3回(※8/5に実施)」の参加者の方々へ!】


前日に出羽三山神社の正式参拝である昇殿参拝を追加料金無しで実施します、これには神札も付与されます。希望者は事前連絡の上、羽黒山の「参集殿」の前に14:30までにお越し下さい。この正式参拝を通じて
出羽三山の奥深さの一端を体感出来ることでしょう!。

※ 第2回(※7/30に実施)」と第4回(※9/2に実施)」の方々への昇殿参拝の実施は、目下、検討中です。
8/4にANA393便にて庄内空港に到着された方のお出迎えを致します、但し、あと2名です!。

宮下坊 入り口

山伏をクリック!
「宮下坊のホームページ」
へとお入り下さい…。


Please click this photograph and enter this homepage ! .

カウンター
 Since 2002 June
     

            
  奈良館