月山はあくまでも信仰の山です。神社・霊場であるという認識を持って入山してください。
(※月山九合目の仏生池小屋のHPより原文そのままに引用)

 日本有数の霊場である「出羽三山」を訪れるにはそれなりの正しい参拝順序が在ります。その主峰である「月山」に登るには信仰心の有無とは別に正しい順序を踏まえて登ることが霊場としての「出羽三山」に対する礼節であり、そのような意味に於いて「月山八合目〜月山頂上〜湯殿山」は広く啓蒙されるべき「月山」への正式な登拝(登山)ルートであります。

 さて、出羽三山は修験道の擬死再生の精神に沿って発展してきました。その精神に基づいて「@羽黒山(※現世の御利益)」、「A月山(※来世の極楽浄土)」、「B湯殿山(※生まれかわり)」の「@→A→B」が正当な参拝順序」とされております。

 当方では「旅行業務取扱責任者」を常駐させており「山形県旅行業協会」の正会員でもあり、正式に「旅行業者」として「山形県知事登録旅行業第2の108号」として登録を済ましておりますので安心して申し込みが出来ますが、先ずは当方主催の「月山登拝(登山)ツアー」の箇所をご覧下さい。



Mt. Gassan is one of the famous mountains also in Japan. There are two routes in going to the top of the mountain. We will recommend "Haguro route". Because the "Haguro route" can reach the top comparing it easily. The reason for the "Haguro route" is that the alpine plant in the route is very beautiful. The scenery of the "Haguro route" is also beautiful. But there is no climbing the Mt.Gassan all seasons. We can climb the Mt.Gassan only summer and fall(autumn). Because the Mt.Gassan is covered with snow between winter and spring. Nobody can climb the Mt.Gassan(between winter and spring). We can climb the Mt.Gassan between July 1 and middle of October. The best season of Mt.Gassan is August. Mt.Yudono too, the Mt.Yudono can go between spring and fall(autumn). Because the Mt.Yudono is covered with snow like Mt.Gassan. We can go Mt.Yudono between April29 to November3.. Only Mt.Haguro can go all seasons. Do you understand???.

インデックス
月山のピンポイント天気予報! 創造の森から望む庄内平野の最新画像!
創造の森からのライブ映像、画面左上の「鶴岡」の下の画像をクリックして下さい。
服装と持ち物 月山登拝(登山)当日に携帯するおにぎり 登拝(登山)される方々へ
山先達を付けずに個人で登られるお客さまへ! 写真で見る月山登拝(登山)路
駐車場のスペースについて
自家用車(orレンタカー)でお越しに為って「月山8合目→月山頂上→湯殿山」のコースを踏破されたい方々へ 昭和32年当時の月山登拝記録
秋田県増田東部講中世話人 故佐々木源助様の記述より



月山頂上の月山神社
The Gassan shrine(top of the Mt.Gassan)


月山頂上小屋

The hut of a summit





月山9合目仏生池(ぶっしょういけ)小屋

The hut of a sumimit on ninth stage of Mt.Gassan





月山8合目弥陀ケ原湿原と庄内平野

The scene of Shonai plain
( on eighth stage of Mt.Gassan)




月山9合目付近から望む雲海に浮かぶ鳥海山

The Mt.Tyoukai floating on a sea of clouds
( on ninth stage of Mt.Gassan)
鳥海山(ちょうかいざん)とは山形県と秋田県に跨る稜線の美しいお山で、標高は2,236b、頂上には鳥海山神社があります、標高は月山と大差無いのですが、登拝(登山)には月山に登る約3倍の労力を要すると言われております。

Mt.Tyoukai exist on Yamagata prefecture and Akita prefecture .The meters above the sea level is 2236 meters.The top of the Mt.tyoukai has The tyoukai shrine.If you climb this mountain , you have to prepare your physical strength to be 3 times many and to climb Mt.Gassan as this .



月山8合目にて 出発直前のストレッチ いざ出発!


月山登山道の標識 月山8合目の中之宮 御田原(みだはら)神社
月山頂上で雲海に浮かび上がる直前の御来光 月山登拝(月山登山)風景 月山の
物資輸送用のヘリ



【 来夏(平成29年)の月山登拝(登山)ツアーが決定! 】 
第1回
8月6日
 
第2回
8月20日(
 
第3回
8月27日(
  
第4回
9月10日(
   
  【費用】
T.前泊コース:17,000円、U.当日参加コース:11,000円 
  
【主催】
「一般社団法人全国旅行業協会(ANTA)」
「一般社団法人山形県旅行業協会」 正会員

山形県知事登録 旅行業第2の108号 (宗) 出羽三山教(宮下坊)
旅行業務取扱管理者
旅程管理主任者  宮下 洋典
 

【趣旨】
 多くの方々に正しい登拝(登山)ルートである「月山登拝(登山)」を啓蒙すべく
「月山8合目〜月山頂上〜湯殿山」「羽黒ルート(羽黒口)」を踏破するツアーを、例年、企画しており、多くの方々から賛同を得ております。当方のツアーに於いては山先達が「月山8合目」、「月山頂上」、「湯殿山」にて拝礼を行いますが、決して参加者には強制を致しませんので、万が一、気に為る方はご安心下さい。

【御注意】

 登頂を確約する登山ツアーとは異なり、山先達の案内する登拝(登山)を目的としております。体力的な問題から「標準コースタイム」での踏破が不可能な方、又、それに因って他の参加者の行程に重大な支障があると判断された時は、その場から単独での歩行をお願いをします。その際、下山先からの路線バスやタクシー等々の交通費はお客様のご負担と為りますが、それに伴う返金はございません。
 
【平成27年の月山登拝(登山)ツアーの参加者実績
■第1〜3回に於ける参加者の総数は62名(
22名♀40名
参加者の最北は北海道旭川市、最南は熊本県熊本市でした。

【平成27年の月山登拝(登山)ツアーの踏破者数(率)】

■第1〜3回の参加者62名の内、57名でしたので踏破率は91.9lでしたが、その内訳は下記の通りです…。。
        
その1.「月山8合目⇒月山頂上」で途中下山をされたが
女性3名でした。
その2.「月山頂上⇒湯殿山」で
足を挫いて自力下山をされた女性1名ですが、同行者の男性1名、付き添いました。
        
【快足コース新登場!】
常日頃より山岳踏破をされておられる方、又は心肺能力を鍛錬されておられる方を対象に、月山頂上にて月山神社を拝礼後、本隊とは切り離して一気に湯殿山へと駈け降ります。このスピードに要求される体力の目安は5qを20〜30分で走破出来る脚力、心肺能力です。
 
【お問い合わせ】

 どのような些細な事でも、先ずはメール(info@syukubou.jp)にて、お気軽にお問い合わせ下さい。皆様からのお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。



時折、見事なまでの重装備をして月山に登ってらっしゃる方をお見かけします、古来より“大は小を兼ねる”とも謂われておりますので、重装備をして踏破することに異論はありませんし、むしろ、何ら装備品を持たずに軽装で登られる方が危険です、依って、最低限度は上記のような服装と装備で踏破されることをお願い申し上げます(※資料提供・山形県観光振興課)。
※上記に加えて出来れば装備して戴きたく思うもの(宮下坊)。
@サングラス、Aアイゼン(※荒縄でも可…宮下坊でご用意致しております
、B着替えの下着C替えの靴下、Dタオル
≪下記のコメリ羽黒店は宮下坊から自動車で約10分の距離にあります。≫
コメリ羽黒店
(0235−78ー0011)

9:00〜19:00
〜リュックサック、タオル、Tシャツ、下着、スニーカー、靴下、その他〜
※主に装備品を中心に販売



月山登拝(登山)当日に携帯するおにぎり
Rice ball carried on that day of mountaineering…500yen
上記の写真は鶴岡市内にある老舗のお寿司屋さんである「千葉寿司」で作っているおにぎりです。お寿司屋さんゆえに「ご飯」のクオリティは高いように思われます。値段は500円(税込み)となります。月山に登拝(登山)される当日の早朝に配達されますが、事前にご予約が必要ですので予めお申し出下さいますよう願います。尚、参篭費(宿泊費)に加算してのご請求となります。



《登拝(登山)される方々へ》
近年、登山ブームなどで月山にも大勢の方々が登られるようになりましたが、意外にも思慮分別に富んでおられるはずの世代の方々にマナー違反を見掛けるケースが多々あります。気分良く登っていたのに注意される方も嫌な気持ちになるでしょうが、それ以上に注意をする方も非常に嫌な気分になるものです。お互いに気分良く登るために極めて常識的な事柄ばかりではございますが、念のために下記の事項を再確認して登りましょう。
T.自分の荷物は自分で持ちましょう、自分の荷物を他の人などに持って貰うのはその時点で登拝(登山)者としては失格です。
U.天気の好い日など、高山植物を保護する為に登拝(登山)路に張ってあるロープの外に出て弁当を広げるのは止めましょう。
V.特に中高年の女性に多いのですが、高山植物の写真撮影をする為に登拝(登山)路に張ってあるロープを越えて平気で湿地帯に入って行く人を多々見掛けます。根本的にロープを張っている事の意味が理解不能のように見受けられます。
W.自分が出したゴミは全て自分で持ち帰りましょう。
X.タバコのポイ捨ては止めましょう。
Y.高山植物は
採らないで写真に撮るようにしましょう。その際にV.を肝に銘じましょう。
Z.出羽三山は古来より信仰のお山です。白衣(行衣)を着て六根清浄などを唱えながら登ってくる信者さん達に対して「うるさい!。」などと暴言を吐く行為は慎みましょう
[.遅いから追い抜かれるのです。体力の衰えを認めたくないお気持ちはお察し致しますが、後ろから自分よりも速いペースで登ってきた人に気付いたら文句や小言を言わずに速やかに道を譲りましょう。
\.他の登拝(登山)者とすれ違うときに「こんにちは〜。」とか「お疲れさまです〜。」と
声を掛け合うとお互いに気分良く歩けるものです。



《ある山先達の自宅にあるトレーニングマシン》
“ここまで鍛錬を行わないと山先達の任務は務まらない…”と云う訳ではありまんが、最速のスピードで月山に登拝(登山)をされる方々よりも常に上のレベルを目指す彼はこのような鍛錬を自らに課しているのであるそうです。

因みに月山に登拝(登山)を行う際の最速のスピードとは「月山8合目⇒月山頂上:1.5時間」、「月山頂上⇒湯殿山:1.5時間」を指します。

■「Andes409(クロストレーナー)」
発売元:ジョンソンヘルステックジャパン株式会社


■「ベンチプレス」
発売元:ファイティングロード


宮下坊から望む月山




山先達を付けずに個人で登られるお客さまへ!
〜下記のデータもある夏のひとつの現実です〜
(資料提供は月山9合目の仏生池小屋さんです)
死亡者2名 ヘリ救助者1名 人員搬送者1名
@登山路の至るところには雪渓(雪面)がありますので滑落しないようにご注意下さい。
      (※雪渓の下部は磯のような岩場ですので衝突の場合は即死です)
A山の天気は変わりやすいので雨合羽は天候に関わらず必ずご準備下さい。
       (※ポンチョタイプの雨合羽よりも上下セパレート式の雨合羽の方が望ましいです)
B上記Aに関して登山路を見失わないように注意して登って下さい。
       (※山菜採りの名人でも迷うときがあります)
C携帯電話は万が一の時の大切な“命綱”です、必ず携帯して下さい。
      (※但し!特に湯殿山側の方は全く通じません)
Dヘリコプターは有視界飛行のため、晴天時にしか飛行出来ません。
      (※天候待ちでヘリコプターが到着するまでの間に亡くなられた方もいます)
E万が一の為に予め登山保険などに加入されておく事をお奨め致します。
        (※月山は決して危険な山ではありませんが、保険は転ばぬ先の杖です)



写真で見る月山登拝(登山)路



駐車場のスペースについて…
月山頂上に登拝(登山)することのみを考慮すれば「羽黒ルート」はお奨めのルートですが、唯一、駐車場の点で大きな課題を抱えておりますのでマイカーなどでお越しの方は特に下記の事項をよくお読みに為ってください。
「羽黒ルート」
7〜8月の土日祝祭日にマイカーで月山8合目の駐車場にお越しに為るのはかなり厳しいものがあり、実際にあまりにも渋滞する為に諦めて下ってゆく自動車もあります。依って、これらの曜日は出来るだけご遠慮を戴くか相応の覚悟の上でお越し下さい。また、途中の月山8合目までの道路は幅員が狭い上にかなり頻繁に大型観光バスとの交叉などがあり、交叉出来ない箇所では後続車に合図をしながらこの細い道を100bほどバックをしなければならない場合もありますので初心者の方や運転に自信の無い方がこの道路を運転することはご遠慮下さい。尚、ご参考までに月山8合目の駐車場のキャパシティは大型バスが10台前後、自動車は50台前後です。
大型バス同士の
交叉の瞬間!
月山8合目へ向かう道
(2合目付近)
月山8合目へ向かう道
(7合目付近)
月山8合目駐車場
(左奧の高台にあるのが
月山レストハウス)
月山8合目駐車場
の一角にあるバス停
(ここで終点です)
「姥沢ルート」
山形自動車道の終点である“月山IC”を降りて直ぐの場所から「志津温泉」へ向かう道路を走行、一路、志津温泉を通過して更に「月山スキー場」へと向かいます。「月山スキー場」の駐車場は「姥沢」という地名の場所にありますが、そこに駐車をしてから約10分を歩いて“リフト乗り場”へと向かいますが、姥沢の駐車場は自動車が100台以上ものキャパシティがあり、そこまでの道路の幅員も余裕があります。尚、その年に依って変動はあるようですが、「月山環境美化協力金」としてリフト乗り場の手前でお一人様200円のご協力を求めているようですので心ある方はご協力下さい。
この場で200円を
支払います
R112から見た
姥沢駐車場へ続く道
途中にある志津温泉
※写真の右側に写っているのが“まいづるや”さんです。)
姥沢駐車場(その1) 姥沢駐車場(その2)

志津温泉でお奨めのお宿として左記の月山志津温泉 まいづるや」さんを管理人は推奨しております。

《まいづるや さんより》
月山志津温泉 まいづるや。春は夏スキー。夏は避暑。秋は味覚。冬は温泉。と四季を堪能できる山形の秘湯です。雄大な月山をお楽しみ下さい。



《自家用車(orレンタカー)でお越しに為って「月山8合目→月山頂上→湯殿山」のコースを踏破されたい方々へ
《第一日目》
各地〜R112〜県道〜湯殿山有料道路〜終点の湯殿山・仙人沢着10:30※右記の上段の写真を参照、ここに駐車します・同発11:00〜路線バス※右記の下段の写真を参照、この路線バスに乗車します鶴岡Sモール着12:17・隣接東京第一ホテル鶴岡にて昼食(※館内のレストランモナミがお奨めです)・乗り換え・同発14:25〜路線バス(約1,000円)〜羽黒山頂着15:20・羽黒山の三神合祭殿を参拝・同発16:00〜羽黒山の石段を徒歩にて下る〜随神門着17:20〜徒歩80メートル〜羽黒センター(※バス停)発17:30〜路線バス約150円)〜黄金堂(こがねどう)前着17:35〜徒歩100メートル〜宮下坊着17:40

「鶴岡Sモール」とは地元のバス会社である庄内交通の“バスターミナル、ショッピング施設、ホテル”の集合体であります。 無論、羽黒山頂、月山8合目方面の路線バスもここが始発と為ります。

《第二日目》
護摩祈祷5:30・朝食・同発7:20〜徒歩100メートル〜黄金堂(こがねどう)前発7:31〜路線バス〜月山8合目着9:00〜徒歩〜月山頂上着11:30・月山神社を参拝・月山頂上小屋で休憩(※味噌汁&休憩料金で500円)・同発12:30〜徒歩〜湯殿山着15:30・湯殿山神社を参拝・同発16:15〜シャトルバス(※約10〜15分間隔で運行)〜湯殿山の仙人沢着16:20

湯殿山・仙人沢の駐車場

湯殿山・仙人沢からの路線バス
(※鶴岡Sモール行き)

《ご注意》

@翌日の天候が悪天候で月山に登れなく為った場合はこのコースを逆に辿って自家用車を取りに行かなければ為りません。

Aタクシーで前日の内に宮下坊から湯殿山の仙人沢まで自家用車(orレンタカー)を回送する方法の際の費用は18,000円(※湯殿山の有料道路代は別に発生します)と為っているようです。当然ですが、前日に湯殿山に自家用車を回送された場合、月山登拝(登山)当日に宮下坊から月山8合目までは路線バス(約2,000円/1人)かタクシー(6,000円/4人)を利用する事に為りますので、2人以上はタクシーの方が“費用対効果”が高いように思えます。これとは別に月山8合目まで自家用車で行って、月山8合目から湯殿山まで回送を希望される場合は25,000円(※湯殿山の有料道路代は別に発生します)と為っているようですが、何れにせよ、タクシーを利用される場合は各自で事前に羽黒中央交通(пD0235−62−2260)までお問い合わせの上、予約を取っておいた方が無難です。




昭和32年当時の月山登拝記録
秋田県横手市増田町・増田東部講中世話人 故佐々木源助様の記述より


《タイムスケジュール》
月山2合目着4:47→月山3合目着5:37→月山4合目着5:55→月山5合目着6:40→月山6合目着7:15→月山7合目着8:07→月山8合目着8:58→月山9合目着10:13→月山頂上着11:55

※当時は現在のように月山8合目までの道路は開通しておらず、月山2合目の「海道坂(かいどうざか)」と称される場所から全てに渡って徒歩にて参拝する以外はありませんでした。月山頂上で参拝を済ませた方は“月山頂上小屋”に宿泊を行った方も多く、翌朝、難所と謂われる「東普陀落」や「西普陀落」へと向かわれた方も居られたそうです。一般的には湯殿山に下山を行い、湯殿山での参拝を終えた後に“湯殿山参篭所”に宿泊をされたり、又、足の達者な方は一気に“田麦俣”まで向かわれたそうです。



ツアー情報トピックス出羽三山宿坊について護摩祈祷宿泊者の感想三山巡りご案内&おしらせバックナンバー
一考察
精進料理館内設備アクセス諸費用神社の祭礼行事写真館ゲストリンクリンクカレンダー地図
取材履歴お土産&特産品質疑応答お得な切符&航空券温泉



トップページ