このページでは前回に「トップページ」に掲載した写真を掲載しておりますが、このページの写真をご覧になられて当地に想いを馳せて戴いたり、今は当地を離れて遠くにお住まいになられている庄内出身の方も懐かしく思い出して戴ければ管理人冥利に尽きます。


 
 
出羽三山の中枢機能が集約される「羽黒山」、そこには写真の「出羽三山神社(三神合祭殿)」が鎮座します、高さは28b、萱葺屋根の厚さは2.1bにも達します。因みに「出羽三山神社」とは正式名称であり、地元では親しみを込めて「羽黒山神社」とも呼称されておりますが、今まで何度か焼失の憂き目を見ており、現在の社殿は庄内藩主に拠って文政元年(西暦1818年)の創建とされ、丁度、今年が200年目に中(あた)ります。

 さて、一般的に観光で訪れた方々は写真手前の階段を登り、拝礼を行いますが、講中参拝団体や信者の方々は靴を脱いで社殿の中に入っての
正式参拝に伴う祈祷を受けることになり、当然、相応の費用が発生します。但し、当方主催の「第1回月山〜(※7/28に実施)」と「第3回月山〜(※8/5に実施)」の参加者の方々に関しましては、一定の参加人数に達しましたので、希望者は前日に正式参拝を行います。

■掲載期間:平成30年6月11日〜平成30年7月6日



ツアー情報トピックス出羽三山宿坊について護摩祈祷宿泊者の感想三山巡り地図ご案内&おしらせ一考察
精進料理館内設備月山登拝(月山登山)諸費用神社の祭礼行事写真館アクセスゲストリンクリンク
取材履歴お土産&特産品質疑応答お得な切符&航空券温泉



トップページ