宮下坊

参拝の疲れを優しく癒す宿

 宮下坊 玄関
暖かい陽光が木々のすきまからこぼれる春。
行の山清めの山の奥宮詣での夏。
神秘なまでの紅葉に彩られる秋。
雪化粧をほどこした老杉の参道が心導く冬。
四季折々の顔を見せてくれる出羽の山々。


自前の菜園で収穫された新鮮な野菜をふんだんに使った伝統の精進料理、三山の大盃で飲む東北の銘酒、そして家族的な心温まるおもてなしでお待ち致しております。
 
日本海に面する山形県の庄内地方、羽黒派古修験道の聖地でもある出羽三山の里の羽黒町手向
(とうげ)にある宿坊です。
 
 出羽三山に参拝される講中のお客さまは勿論のことですが、一般のお客さまにも広くご利用戴いております。また、近年は出羽三山の主峰である月山へ登拝
(月山登山)されるお客さまにも大変なご好評を戴いており、当方でも充分な体制を整えております。

 雄大な景色や色とりどりの高山植物を眺め、かつては奥の細道で芭蕉と曽良が辿った足跡を感じながら月山へと登り、そして湯殿山へと続く道を詣でられてみては如何でしょうか。きっと皆様の心に残る旅になることでしょう。
 


 
 毎年9/19に手向地区の“御恩分(ごおんぶん)”に中(あた)る住民が持ち回りで羽黒山の境内に点在する5箇所の「歴代別当(※“別当”とは現代に於いては出羽三山神社の宮司を指す)」の墓所の掃除を行い、その翌日(9/20)に羽黒山の「霊祭殿」にて出羽三山神社の宮司を祭主として盛大に「慰霊祭」が執り行われます。これは単なるお墓の掃除ではなく、我々が「出羽三山」のお膝元の住民であるという事を再認識する機会であり、更に翌日に行われる「慰霊祭」の後の直会をも含め、普段、同じ地区に住みながらもお話をすることの無い方々などとも交流と親睦を深める大変に有意義な機会でもあります。

 
世に「出羽三山」、つまり、「月山」、「羽黒山(羽黒)」、「湯殿山」を標榜する地域や神社は多いのですが、我々、旧羽黒町の手向(とうげ)地区の住民は一連のこの作業や儀式を通じて「出羽三山」のお膝元の本流の地域、要は「出羽三山」の表玄関の住民であることを再認識します。この他、4/29には「羽黒山」の石段の全区間に渡って手向地区の住民が総出で大掃除を行う「祓川普請(はらいがわぶしん)」、
翌月である5/2には同じく手向地区の住民が持ち回りで地区の安全祈願を行うべく「月山」の頂上から「湯殿山」へと駈ける「春山代参(はるやまだいさん)」等々…、信仰の地である「出羽三山」の表玄関に居を構える我々は常に神々と共にあることに対する深い感謝と御奉仕の精神を抱いております。 

宮下坊 入り口

山伏をクリック!
「宮下坊のホームページ」
へとお入り下さい…。


Please click this photograph and enter this homepage ! .

カウンター
 Since 2002 June