このページでは初めて当地にお越しになられた方でも『美味しい!。』、『旅の記念に購入して良かった。』、『こんなに良質の品物がこんな安価で購入出来るとは思わなかった。』と思って戴けるような品々と店舗をご紹介致しておりますのでご参考にして戴ければ幸いに存じますが、“誰もが知っている知名度の高い商品だから(有名なお店だから)”というだけの基準では掲載することはあり得ません、又、これらを紹介することに因って当方がバックマージンを戴いている訳でもありません。極めて公正な見地から管理人の感性でご紹介を致しております。


宮下坊の館内の売店 大川欣一商店 いでは文化記念館
産直食彩あぐり 清川屋 からから煎餅 もがみ観光物産館 ゆぽか



《宮下坊の館内の売店》

羽黒杉煎餅(900円・14枚入り)
鶴岡市の老舗の煎餅屋さんで作っており、宮下坊の売店でしか入手出来ない幻の羽黒杉煎餅が最も売れ筋の商品です。

その他の菓子類
宮下坊の売店にて販売されている菓子や精進料理にお出しして好評であった食材をも一部ですが販売しております。
宮下坊の館内にある売店です。左記の菓子(食品)の他に月山に登拝(登山)される方の為に雨合羽、リュックサックなども販売しております。尚、消費税サービスの為、包装は致しておりませんので悪しからずご了承下さい。
鈴」は1個1,000円、「手拭い」、「絵蝋燭」、「絵葉書」は500〜1,000円の範囲内です。最も人気のあるのは「鈴」ですが、月山登拝(登山)の際に携行する実用品というよりも記念品としてお買い求めに為る方が多いように見受けられます。

(※左記の写真の“鈴(すず)”は現在、当方で販売しておりませんので羽黒山頂にある庄内交通の売店でお買い求め下さい。)




《大川欣一商店》

大川欣一商店
山形県を代表する特産の果物は「さくらんぼ」であり、その中でも最も有名な品種は「佐藤錦(さとうにしき)」と云う品種でありますが、近年、台頭してきた「庄内砂丘メロン」も高い評価を受けております。因みに「庄内砂丘メロン」は、庄内空港の近辺一帯が産地と為っております。当地でも皆様が立ち寄りそうなところでは必ずと云って良いほどに店頭には旬の果物、つまり、初夏には「さくらんぼ」、盛夏には「庄内砂丘メロン」、初秋には「ぶどう」、「ラフランス」、晩冬には庄内柿」などが陳列されているのですが、実際、市価より高値で陳列販売されているにも関わらず、皆様はごく当たり前のことと受け止めて購入しておられるようです。
実は宮下坊の隣の隣(徒歩20秒ほどのところ)に「大川欣一商店(пD0235−62−4325)」と云う八百屋さんがあります。地元では「大川商店」と呼ばれて親しまれているこの八百屋さん。ご覧のように道路から少し奥まったところにあるので割と気付かれにくいのですが、大型の観光バスも入れるような大きなスペースの駐車場も完備されております。宮下坊も含めて地元の人が利用する事の多い八百屋さんですが、無論、誰でも利用する事が出来ます。又、その価格が大変に良心的であります。会話上手で陽気なお店のご主人に「宮下坊のHPでこのお店が紹介されていたので、わざわざ来ました!。」とおっしゃって戴ければ少しは勉強する…はずですので当地にお越しに為った時にはお立ち寄りに為ってみては如何でしょうか。少なくとも直射日光を浴びながら陳列販売されているものよりは良質で安価な品物が販売されておりますが、覗いてみるだけでも結構に面白いお店です。地方発送も受け付けているようですので、それをご利用される方はお店にお問い合わせをされてみて下さい。

尚、タバコ、お菓子、アイスクリーム、日用雑貨なども販売されております、翌朝の月山登拝(登山)に携行する飲料のペットボトルなどを買い忘れて来た方々もこのお店でお買い求め下さい。営業時間は朝の9時頃から夕方は6〜7時頃までのようですが、
このお店は日曜日が定休日ですのでご注意下さい
月山筍(がっさんだけ)…5月中旬〜6月下旬頃

メロン(庄内砂丘メロン)
6月下旬〜8月中旬

左記の写真は庄内に住む人なら誰もが一度は見かけた事があるであろうと思われる場所の写真ですが、これは庄内空港沿いの道路脇にある「庄内砂丘メロン」のオブジェです。

実は庄内空港の周辺一帯は「庄内砂丘メロン」の産地であります。庄内空港への着陸時や離陸時に機内の窓越しから辺り一帯にキラキラと太陽光を眩しく反射している半円状の透明なビニールで覆われた畑の畝(うね)が見えたら、それは間違いなく「庄内砂丘メロン」です。又、この時期、空港周辺には随所に直売所が設けられ、市価よりも幾分安価に販売されておりますので空港からレンタカーをご利用の方はどうぞご利用下さい。
山形県を代表する果物といえば、恐らく誰もがこの「さくらんぼ」を思い浮かべるのではないでしょうか。主力品種である「佐藤錦(さとうにしき)」は山形県の中央部に位置する「東根市(ひがしねし)」というところで誕生しました、今でも「さくらんぼの本場」としてその名は全国津々浦々に知れ渡っております。又、山形新幹線の駅に「さくらんぼ東根駅」という名前の駅もありますので何処かで耳にされた方も多いのではないでしょうか、「さくらんぼ」は山形県を代表する果物の王様であります。但し、最高品質のさくらんぼをお買い求めの際は「東根」のネーミングが明記されているさくらんぼをお買い求め下さい。                                 さくらんぼ…6〜7月中旬
庄内柿は庄内を代表する秋の果物でありますが、その起源は明治18年に鶴岡市在住の故・鈴木重光氏が新潟の苗木屋さんより数種類の柿の苗木を購入し自宅の庭に植えたところがその中の1本に果実が扁平でしかも種の無い柿があることを発見したことが始まりとされています。さて、この庄内柿は特にビタミンCとビタミンAとカリウムを多く含み収穫の時期は10月中旬頃〜11月の上旬まで続きます。形状は写真にあるように正方形で「平核無(ひらたねなし)」という品種がポピュラーであります。
                                庄内柿…10〜11月下旬




《いでは文化記念館》
羽黒山の表参道である2,446段の石段の登り口(随神門)の近くにあるいでは文化記念館という博物館内の販売コーナーにて販売されております。意外と知られていないのですが、旧羽黒町の観光課もこの建物の中にありますので、観光パンフレットは勿論、当地の様々なアドバイスや情報もここで得ることが出来ます。尚、館内は入場料が400円ですが、詳細は弊サイトの「リンクのページ」の冒頭の《旧羽黒町リンク》の箇所にてリンクしておりますのでご覧下さい。尚、展示物は大変に丁寧に展示されており、季節(時期)毎に展示物も更新され、“法螺貝の試し吹き”も体験出来ます。当地に訪れた際には是非ともお立ち寄り戴きたいスポットでもあります。

山伏携帯ストラップ(420円)
直ぐに売り切れに為る位に人気の高い商品です。

山伏土鈴(1,000円)

芭蕉土鈴(800円・1個)

その他
山伏が法螺貝を吹いている姿の土鈴です(※販売休止) 奥の細道で当地を訪ねた芭蕉を模して作られた土鈴(※販売休止) 絵葉書、オリジナルのカルタ等々、色々なものがあります。



《産直食彩あぐり》

@ここでお盆に食器を乗せます

A食材コーナー(その1)

B食材コーナー(その2)

生鮮食材コーナー
宮下坊から自動車で約25分の距離に「産直食彩あぐり」と云う施設があります。ここでは地元の農家の方々が持ち寄った新鮮な野菜や季節の果物などが驚くほどの格安で販売されて人気を博しておりますが、更には同じ施設内の一角にある食堂では上記の三枚の写真にもあるようにバイキング形式で新鮮な食材で作られた料理を格安で食する事が出来る人気のスポットです。但し、場所がR112の田圃の真ん中にあり、自動車、レンタカー、貸切バスでお越しの方以外は行く事が不可能ですので、その点をお含みおき下さい。営業時間や季節の果物などについてお問い合わせをされる方は「産直食彩あぐり」のHPにアクセスをされるか、直接に電話(0235−57−3300)でお確かめ下さい。



《清川屋》
「鶴岡駅」の正面にある「清川屋」という土産物屋さん。このお店は楽天のショッピングサイトの中の「グルメ大賞 2年連続全国一位」を達成したことでも有名なお土産屋さんです。山形県内の主なところの殆どに支店を有しており、庄内空港にもあります。因みに左記にある写真のお店は鶴岡駅前にある「本店」であります。自然光を多く取り入れた店内は清潔感に満ち溢れており、商品のレイアウトはセンスの素晴らしさが際立ちます。

だだちゃ豆アイス(157円)
庄内特産の「だだちゃ豆」の入ったアイスです。内容量の割に高価ですが、味は抜群のアイスです。冷凍宅急便で地方発送も受け付けてくれるそうです。

だだっパイ(1,470円・12個入り)
ふんわりとしたパイの中に「だだちゃ豆」でこしらえた緑色の餡が入っているお菓子、甘過ぎない甘さが上品さを醸し出しており、新しい庄内の銘菓です。

からから煎餅(1,785円・12個入り)
上記の「羽黒杉煎餅」と同じ煎餅屋さんで作られている煎餅。この煎餅の中には紙に包まれた玩具が入っており、振ってみるとカラカラと音がする珍しい煎餅です。

いずめこ人形

御殿まり&絵蝋燭
昔々、農家では農作業等で家人の手が塞がっている際に幼児が歩き回らないようにこのように籠に布団と一緒に幼児をすし詰めにしていたそうです。その当時を懐かしんで作った民芸品が「いずめこ人形」です。

“御殿まり”は値段も手頃な小さいものから客室に飾るような立派で大きなものまであります。絵蝋燭も大きさに依って色々なものがあります。



《からから煎餅》
上記の「からから煎餅」に関しては《宮下坊館内の売店》の箇所でご紹介しております「羽黒杉煎餅」と同じところで作られておりますので事前に必要な個数をご連絡戴ければ宮下坊の売店でもご用意をする事が可能ですが、この件に関しましては必ずメールでご連絡下さい(※電話では承りません)。「からから煎餅」の詳細についてお知りに為りたい方はヤフーなどの検索エンジンで「からから煎餅」と検索をしてみて下さい。「からから煎餅」は当地で最も有名な煎餅です。



《もがみ物産館》
「新庄駅」の構内にある売店施設である「もがみ物産館」にて発売されております。この施設は平成11年に山形新幹線が「山形駅」からこの「新庄駅」までの延伸開業されると同時にオープンしました。綺麗にレイアウトされた店内はふらりと立ち寄っても心が弾むような、そんな素敵な気分にさせてくれるお店です。「新庄駅」から宮下坊の最寄りの駅である「狩川駅」までの運賃は650円です。この“「新庄駅」で途中下車”をされ、陸羽西線の列車を1〜2本遅らせて新庄駅前の商店街を散策、新庄名物の「とりもつラーメン」を食べてから再びここに戻って、この「もがみ物産館」でお買い物をされてみるのも面白いのではないでしょうか。650円ぶんのコストは発生しますが、その価値は充分にあると思われます。

あじさい(1,575円・17枚入り)
新庄駅構内の売店で販売されているアーモンド風味の洋風煎餅、小さい方は1,050円(12枚入り)です。

稲花餅(320円・4個入り)
「いがもち」。米粒の形状を残した皮に包まれたこし餡が大変に美味しい餅で黄色は稲の花のイメージです。

のどやけ団子(525円・8個入り)
「美味」というよりも「面白い」お菓子。1個だけ山葵入りの団子が入っており、お菓子のロシアンルーレットです。



《やまぶし温泉ゆぽか》
「やまぶし温泉・ゆぽか」の館内にて陳列・販売されております、聞くところに拠れば旧羽黒町の気候はブルーベリーの生育に最も適している土地柄であるそうです、写真の下部の左から「ブルーベリージュース(1,575円)」、「ブルーベリージャム(小525円、大1,260円)」と為っております。尚、上記のように詰め合わせの贈答用のセットも販売されております。
旧羽黒町にある「鈴木農園さん」が営んでおられる広大なブルーベリー園で摘み取られたブルーベリーで作られている製品一式。聞くところに拠れば旧羽黒町の気候はブルーベリーの生育に最も適している土地柄であるそうです、写真の下部の左から「ブルーベリージュース(1,575円)」、「ブルーベリージャム(小525円、大1,260円)」と為っております。

尚、上記のように詰め合わせの贈答用のセットも販売されております。この他にもゆぽかの館内では旧羽黒町の特産品が数多く取りそろえられております。


ツアー情報トピックス出羽三山宿坊について護摩祈祷宿泊者の感想三山巡り地図ご案内&おしらせ一考察
精進料理館内設備月山登拝(月山登山)諸費用神社の祭礼行事写真館アクセスゲストリンク
リンク取材履歴質疑応答お得な切符&航空券温泉



トップページ